IMG_7680
先日、我が家の洗濯機が突然故障してダメになってしまった。
11年の寿命だった。
もうちょっとがんばってもらいたかったけれど、まぁ、こんなものなのだろうか。

IMG_7681
あわてて電器屋さんに行って、半分よくわからないまま、型落ちでお安くなっているものに買い替えた。白物家電を買うのなんて、いったい何年ぶりのことだろう。

IMG_7683
あらためてじっくり説明書を読んでみる。
どう考えても使いそうにない機能が盛りだくさんだ。
もっとシンプルで頑丈で単純なモノがいいんだけどなぁ。

IMG_7738
話は変わって、今年も稲刈りが始まった。
今年の秋は雨の日が多いけれど、この週末はなんとか晴れた。

IMG_7745
辺りにはキンモクセイの香りが漂い、籾殻の匂いとともに、「秋」をしみじみと感じさせる。

IMG_7746
稲穂の大海原を進むコンバイン。

IMG_7749
僕は相変わらず籾の運搬手。
相棒が、スバルサンバー号からダイハツハイゼット号に切り替わった。
我が家のハイゼット号と較べると、ずいぶんといかつい顔になった。

IMG_7747
この新しいハイゼット号には、「スマートアシスト」といういろんな警報装置がついている。
車線からはみ出したりすると、ピーピーと警報が鳴る。
信号待ちで前のクルマが走り出したときも、お知らせしてくれる。

シートベルトの警報装置も、警告「灯」に加えて、親切にも警報「音」が鳴るようになっていた。シートベルトをつけないで走り出すと、すぐに「ピーピー」と警報音が鳴り、それを無視してさらに走り続けると、「ピピピピピ」とさらにけたたましく鳴り響く。
もちろん、エンジンを止めてドアを開けると、キー抜き忘れ防止の「ピーピー」音が鳴るし、ライト消し忘れ防止の「ピーーー」も健在だ。

ちょっと、ピーピーだらけで閉口してしまった。

決して「安全のための技術」にああだこうだ言うつもりはないのだけれど、でもこれはちょっとどうなんだろう。

ひっきりなしにいろんな警報音が鳴ると、かえって気が散ってイライラしてしまう。
親切というより、ただのおせっかい。

ほんとに必要な機能なのであれば、なにかもっと別のアプローチがあるのではないだろうか。

IMG_7733
洗濯機もクルマも、年々いろんな技術が「進化」しているのだろうけれど、ぜひ「本質」を忘れないようにしてもらいたいものだ。

・・・などと、毎年変わらない風景の中で考えてしまった秋の一日なのでした。