cdeBuD3CQeWMitySvTC9SA_thumb_1b61
前回の記事で予告した通り、行ってまいりました北海道。
蒸し暑い7月15日。昼寝をしてから、いざ出発。

DxuQ4rnBTHiJ0r%3JPwyMw_thumb_1b20
常磐道で一路仙台港へ。
旧友Tはすでに到着していて、フェリーターミナルで昼寝をしながら待っていた。

久々に見るフェリーは、大きかった。
今回、我々が乗ったのは「きたかみ」。
仙台港を19:40に出港し、翌日の11:00に苫小牧に到着する。

8HEORF07Tq6bgEerw+cteA_thumb_1b3d
乗船手続きを済ませ、バイクに苫小牧行きのタグをつける。
いやがおうにも気分が高まってくるひとときだ。

IMG_2836
この日、乗船するバイクは100台くらいとのことだった。
予想に反して、我々と同世代もしくは歳上の方が多く、若者はごく少ないのが印象的だった。

9YMZM72nTuK4m8wsCq6d0Q_thumb_1b4c
待ちに待った乗船の時間。
ここで浮かれて立ちゴケしないよう、ちょっと緊張する瞬間だ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1b5e
甲板に入ってから、さらに一階下の甲板に誘導される。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1b56
昔の記憶と違って、なかなかトリッキー。
幸い、立ちゴケすることなく、無事に駐機させることができた。

VM+JXP9WS9+4klteDon7MQ_thumb_1b33
我々の部屋は2等の雑魚寝部屋。
意外と「小分け」にされた部屋で、一人一人のスペースも指定されていて、昔の記憶から想像していた「宴会場のような大部屋での雑魚寝」とはちょっと違っていた。

1I9ntpu3T8GDmi%oiqb95A_thumb_1b69
夕闇が迫り、いよいよ出港のとき。
デッキに出て、旧友Tと今回の無事を祈ってさっそく乾杯。

fByOWrHwTSG8r0oDF%bYqg_thumb_1b67
夕飯の後は歌とピアノのショーでなんとなく優雅な気分に。

さて、明日から走りづくしの5日間が始まる。
興奮でなかなか眠くならない頭のまま、無理やり床についた。

(つづく)