IMG_3042
先日、我が家のパンダ号のオドメーターが175000kmに達した。
じつにおめでたいことだ。

IMG_3050

と同時に、毎年この季節になるとやってくる自動車税の支払い通知書もしっかり届いた。
我が家のパンダ号は初年度登録が1994年なので、今年ですでに23年が経過している。
23年もの長い間、ずっと元気に走っているこの健気で可愛く経済的でローインパクトなクルマは、環境負荷が大きいためという理由、いや、単に古いからという理由で自動車税が15%も増額されている。
さらにそれに輪をかけて、重量税のほうもめったやたらと増税されている。

古いクルマは重いのか?古くなればなるほど重くなっていくとでもいうのか?
我が家のパンダは、車検証上は車両重量750kg、車両総重量で970kgでずっと変わっていない。
乗っている人間のほうも、体重の増加はほとんどない。

にもかかわらず、これはいったいどういうことなのだろうと毎年やるせない気持ちになる。
さすが、自動車文化になんか興味のない、経済至上主義の国のやることだ。

・・・などと憤慨していても仕方がない。
長生きしてくれているパンダ号に感謝なのだ。

土曜日は、同じ市内でPandaに乗っていらしたbanbanさんのお宅に遊びに伺った。
banbanさんとは7年まえに偶然知り合ったものの、それ以来お会いする機会がないまま時は過ぎ、最近になってやっと念願の再会を果たせて、急速にお近づきにならせていただいている。

ご夫婦でPandaを愛し、45から始まり通算4台パンダを乗り継ぎ、かつご夫婦でオートバイにも乗ってらっしゃり、さらに、各種の趣味趣向もほぼぴったり合致という、奇跡的なお二人。

IMG_3070
玄関先には、以前の愛車、パンダ45さんの象徴、あの「鉄板グリル」が。

以前並べて写真を撮らせていただいたbanbanさんご夫婦のパンダは、残念ながら不幸な事故に遭ってしまって他界されてしまったとのことだけど、せめて我が家のパンダ号の元気な姿をお見せしようと遊びに伺った次第。

パンダに限らず、いろんな分野についても志向が共通しているところが多く、とても楽しいひとときを過ごさせていただいた。

IMG_3076
そして・・・、なんと僕がずうっと欲しかった「パンダの本」を譲っていただいてしまった。
宝物にします。ありがとうございます。

そして来週は、いよいよパンダリーノに向けて出発だ。