IMG_2553
エフロク号いじりの続き。

今回は、ウインカーの改良。
問題点はふたつ。ウインカースイッチの位置とウインカーの動作だ。

IMG_2528
ひとつめの問題、ウインカースイッチの位置。
僕はこの位置が以前から気に入らなかった。

IMG_2529
通常の国産車の場合は、写真のホーンボタンの位置にウインカースイッチがあるのだけど、エフロク号の場合は、このバカでかいホーンボタンのおかげでウインカースイッチが下の方に位置していて親指が届きづらいのだ。クラッチレバーを握りながらのウインカー操作は不可能に近く、指がつりそうになる。
ネットで探してみても、このウインカースイッチの位置に不満を持っているような情報はまったく見当たらないので僕だけがそう感じているのかもしれないが、とにかく使いづらいのだ。
僕でさえ指が届かないのだから、えい坊の場合は何をか況や、である。

ふたつめの問題は、ウインカーの動作タイミングだ。
スイッチを入れてから、なぜか必ず一拍間を置いてから点灯を始めるのだ。
これに加えて、点滅スピードも遅い。
おかげで、車線変更の際などちょっとイライラしてしまい、精神衛生上よろしくない。

というわけで、今回はこの二つの点に対して対策を施すことにした。
内容は簡単。スイッチとウインカーリレーを他のものに取り替えるのだ。

IMG_2540
手配したのはモンキー用のプッシュキャンセル集合スイッチと、LEDにも通常のバルブにも対応するウインカーリレー。
どちらもデイトナ製のもの。

IMG_2530
というわけで作業開始。
軽い気持ちでハンドル左側のスイッチボックスを分解する。
そして、愕然とした。

IMG_2531
フツウなら、このスイッチボックスは表側も裏側も樹脂部品で、ハンドルを挟み込むようにして固定してあるだけなのに、エフロク号のスイッチボックスときたら、なんと裏側がクラッチ&ミラーホルダーと一体になったダイキャスト部品になっているではないか。
なぜにこんな設計になっているのかちょっと理解に苦しむ。
こんな場所、強度いらないでしょう!
こんなところ一体化したところで、コストダウンにもさほど影響ないでしょうよ!
いやぁ、ちょっとこれはめんどくさそうな予感・・・。

IMG_2535
しばし考えた末、(あまり気は進まないけど)強引な方法をとることにした。
一体化されているスイッチボックス部分を、クラッチ&ミラーホルダー部から切断することにした。
本来ならこんな不可逆的なことはあまりやりたくないのだけれど、他に方法がない。
金ノコでひいこらと切り進める。

IMG_2536
そして、分離完了。

IMG_2538
手荒で雑な切断面。ヤスリで少しきれいにして、目立たないように黒く塗ればいいだろう。

IMG_2541
そして、やっと新しいスイッチボックスの仮組み。
そうそう、ウインカースイッチはやっぱりこの場所ですよ。
滅多に使わないホーンボタンなんて、すみっこの方でいいのですよ。

IMG_2542
さて、ここからも面倒な配線作業。

IMG_2544
モンキー用になっている配線はわからないところもあるので、いったん、全部分解して一本ずつ配線を確認していく。
エフロク号側の配線も、配線図をもとにどれをどれにつなげばいいかじっくり確認。
ちなみに、このスイッチにはヘッドライトON/OFFスイッチもついているのだけれど、このスイッチを有効にしてしまうと車検が通らなくなってしまうので、(せっかくついているのにもったいないのだけれど)、このスイッチは使わず、今まで通りヘッドライト常時点灯の仕様にしておく。

IMG_2545
一本一本、半田付けして収縮チューブで処理していく。
こういう細かい電気作業はあまり得意ではないし好きでもないのだけれど、我慢しながら間違わないようじっくり焦らず作業を進めていく。

IMG_2546
スイッチ側の作業が一通り終わったら、お次はウインカーリレーの交換。
こちらは簡単簡単。あっという間に交換完了。

IMG_2548
こちらは、いままで付いていたリレー。
お役目ご苦労さまでした。

IMG_2547
そして、取り外されたスイッチボックス。
それにしても、予想以上に苦労させられましたよ。
もうこんな設計しないでね。

IMG_2571
外装一式を組み立てて、動作確認して、いざ試走。

IMG_2549
期待通り、こんどは上々の使い心地。
すっと親指を伸ばした先にちゃんとスイッチがあるしあわせ。
点灯、点滅のタイミングもバッチリ。
これでストレスなく走れるようになったぞ!
というわけで、めでたしめでたし。