IMG_1746
秋もだいぶ深まってきた今日このごろ。
この週末は、またまた旧友Tと一泊二日のキャンプツーリングに出かけてきた。

IMG_1747
待ち合わせは9:00、会津は湯野上温泉近くのコンビニで。
朝はかなりの冷え込みで、途中、羽鳥湖近くのR294では、道端の気温表示が0℃を示していた。
さすがにこれは誤表示だろうと思ったものの、手元の温度計でも0℃以上、5℃未満といったところ。
この気温では、身体のほうは電熱ジャケットその他、真冬の装備でどうってことないのだけれど、路面状態のほうが気になってくる。
幸い、天気は晴れていて路面もドライではあったものの、安全第一で抑えたペースで走る。

9:00ちょうどに待ち合わせのコンビニにつくと、旧友Tはすでに到着していてコーヒーを買ったところだった。山形からの道は、だいぶ深い霧だったようだ。

IMG_1750
会津のほうは紅葉がまさに見ごろを迎えていて、赤や黄色が青空に映える。
冷たく澄んだ空気の中、田島からR289、R352と、南会津周遊コースを走る。

IMG_1752
標高800m〜900mほどの峠を越えるルートで、朝晩はもういつ凍結してもおかしくないような感じだけれど、この日は最高の天気で、じつに気分爽快。
日が昇ってくるにつれ、気温もじんわり上がってくる。
すれ違うバイクの数も多く、みんなそれぞれ、今シーズン最後の走りを楽しんでいるようだ。

IMG_1757
今日のキャンプ地は、那須塩原温泉。
ちょうどお昼どきに温泉街を走っていたら、大根汁のふるまいサービスに出くわした。

IMG_1754
というわけで、お昼ごはんにありがたくいただく。
おかげで身体があたたまった。ごちそうさまでした。

IMG_1766
お昼を食べたら、さっそくキャンプ場へ。
温泉街からちょっとだけ下ったところにある、塩原グリーンビレッジ。
だいぶ寒くなってきたものの、お客さんは意外と多くてちょっとびっくり。 
至れり尽くせりの施設が揃ったリゾート感たっぷりのキャンプ場で、こういう雰囲気にあまり慣れていない我々は、いちばん隅っこの区画に陣取り、「へぇ〜」とか「ほぉ〜」とか言いながら設営開始。

IMG_1768
前回の田沢湖ツーリングでは思いっきり雨に降られたので、多少寒くともこんな青空の下でキャンプできるなんて、じつに幸せな気分だ。

設営を終えてもまだ時間はたっぷりあるので、荷物を降ろして軽くなったバイクでもうひとっ走り。
こんなふうに、さっさとテントを張ってしまってからまた走り、買い出ししつつキャンプ場に戻ってくるというのが最近の我々のスタイル。
夕方、暗くなってからテントを張るよりもココロに余裕ができるし、軽くなったバイクで走りも楽しめるし、いいことずくめなのだ。

日塩もみじラインも捨てがたかったけれど、紅葉狩りでクルマも多いだろうとのことで、県道56号線で矢板方面へ下っていくことにした。
途中、紅葉の絶景スポットに期待しながら狭く曲がりくねった山道をくねくねと走ったのだけれど、残念ながら視界の開けた場所はほとんどなく、いい写真も撮れないまま山道は終わってしまった。

IMG_1769
街に降りたら、買い出し。
キャンプ道具を降ろしてすっからかんだったパニアケースに、今度は食料と飲み物をどっさり入れる。
それにしてもこのパニアケース。
装着して走っていると少々ジャマくさいけれど、とてつもなく便利。
荷物の固定を気にせずなんでも放り込めるこの素晴らしさよ。

50002839660__B9515F41-7DFA-4002-B2DE-89431414EBD2
今回のメニュー。
お昼ごはんが大根汁だけで腹ペコだったので、しこたま買い込んでしまった。

IMG_1773
肉を焼き、ごはんを食べ・・・、

IMG_1775
さらに、野菜をたっぷり追加投入したモツ煮で満腹に。

IMG_1777
日が落ちるとどんどん気温は下がっていくけれど、上を見上げれば満天の星空。
久しぶりに流れ星も見ることができた。

・・・と、そのまま幸せな気分でシュラフに潜り込んだものの、夜中、バサバサという音で目がさめる。どうやら外はすごい風のようだ。時計をみると、1:30すぎ。
テントから顔を出してみると、タープのロープが一本外れてしまっていた。
旧友Tも同時に目が覚めたらしく、びゅうびゅうと吹く強風の中、二人でロープを張り直す。
ゴミ袋も風で飛んでしまったらしく、あたりにゴミが散乱していたのでこれも拾って歩く。
そうして、またテントの中に戻ったものの、吹き荒れる強風のせいでなかなか寝つけなかった。
寝る前はあんなに静かで晴れ渡った天気だったのに・・・。

そして翌朝。
6:00に目が覚めて外のようすをうかがってみると、まだ風は強いまま。
でも、気温は昨晩よりも上がっているようでそれほど寒くないし、雨も降っていない。
強風の中のテント撤収作業はなかなか大変だったけれど、なんとか飛ばされないように荷物をまとめて8:00ごろ出発。

IMG_1790
帰りは黒羽から茨城の大子を経由し、R349で阿武隈高原を北上。
このルートは、いわきに住む僕にとっては王道の日帰りツーリングコース。

IMG_1788
途中、道端で休憩したら、GSのオドメーターがたまたまきっかり57,000kmに。
去年の秋に50,000kmを突破したので、この一年で約7,000km乗ったことになる。

その後、小野町で旧友Tと別れ、お昼過ぎに我が家へ帰還。
今シーズンのキャンプツーリングはおそらく今回が最後だろう。
風に悩まされたものの、晴れ渡った空と紅葉に恵まれたいいツーリングだった。

来年も、今年以上に楽しみたいなぁ。