画像


入国から一夜明けた26日15:30、ミュンヘンからブダペストに向けいざ出発。片道700kmのロングドライブだ。(といっても運転せずにずっと助手席だが・・・。)
クルマは社有車のBMW 320ワゴン。ディーゼルだけど思いのほかフツウに走る。助手席に乗っている限りディーゼルだということを忘れてしまうほど。4500rpmからレッドゾーンが始まるタコメーターが、ディーゼルであることを静かに主張するのみ。

アウトバーンを快調に飛ばす。アウトバーンというと、とっさに「速度無制限!」と思いがちであるが、じつは速度規制のある区間もかなり多く、市街地の近くであったり工事中だったりすると、すかさず120km/h~80km/hに規制される。日本同様、いや、それ以上に速度監視カメラが随所に設置されているので、ほとんどのクルマはおとなしく規制に従う。
しかし、この規制区間からはずれた途端、みんな弾けたように速度を上げる。片側3車線なら右から順に遅いクルマ、フツウのクルマ、キチガイのクルマときちんと棲み分けされるので安心していられるが、片側2車線になると、「遅いクルマ」と「遅くないクルマ」にしか分かれないので非常におっかない。
80km/hくらいでたらたら走っているトラックなんかに追いつくと、「えいっ!」と左の車線に出て加速するのだが、うっかりしているとすぐに後ろから200km/hくらいですっとんでくるキチガイにあおられる羽目になる。実際、2車線区間は追突事故が多いそうだ。

17:16、オーストリア国境。あっけなく通過。EU圏内なので国境を越える感慨というものがほとんどない。言語も同じドイツ語だし。
違いといえば、「速度無制限」ではなくなることくらい。130km/hが上限になる。走っているクルマの種類もさほど変わらない。BMW、AUDI、OPELあたりが多い印象。シトロエン、プジョーなどのフランス勢も意外と多い。

21:00、ハンガリー国境。
ここはパスポートの提示が必要なものの、ペタンとスタンプを押してもらって意外とあっさり通過。
ハンガリーに入った途端、見慣れないマジャール語の標識が増え、雰囲気がガラッと変わる。走るクルマもグレードダウンして、シュコダやセアトなど、日本ではあまりなじみのないメーカーが増えてくる。

23:00、ブダペスト到着。
700km、7時間のロングドライブでございました。

(写真はドイツ-オーストリア国境。)