画像


きょうはメーデー、祝日だ。

ここのところ、オートバイを買ったりStuttgartに出張したり、バタリバタリと忙しかったので、きょうはゆっくりすることに。

とはいっても、やっぱりちょっとくらいオートバイに乗りたくなるもの。
ということで、街なかを軽く散歩。
空はいまいち曇りがちで気温も低めだけど、なんのその。

あまりにも「おのぼりさん」状態でこっ恥ずかしく思いつつも、BMW本社ビルの前にオートバイを駐めてパチリ。
まぁ、一枚くらい、記念に撮っておいてもバチは当たらないだろう。

画像


本社ビルの裏にあるミュンヘン工場。
残念ながらオートバイは作ってないけど。

画像


こちらは、BMWの開発拠点、通称"FIZ"の正門前。
クルマもオートバイも、ここで開発されている。

ここのところ、オートバイの話題ばかりだけど、やっと手に入れてとてもうれしいので仕方ないのだ。

ここで少し、今度のオートバイ、R1100RSについての印象を書いておこう。

まず、取り回しはとても気楽。センタースタンドもあっさり持ち上がる。
小さめのセミカウルも、威圧感がなくてよろしい。

シート高は3段階に変えられる。
シートを外して、それぞれ高さの溝にはめるだけなので、ものすごく簡単に変えられる。
これはグッドアイデアだ。とりあえず「中間の高さ」で乗っている。
足つきもなんら問題はない。両足がカカトまでついてさらにヒザも曲がるほど余裕たっぷり。

ハンドルは、ボルト一本で前後位置と垂れ角が調整できるのも優れもの。
前後位置は一番手前、垂れ角は標準位置がちょうどよい感じ。

サイドスタンドが出ている状態では絶対にエンジンがかからないのはなんとなく不便。
ギアがニュートラルでもかからない。
たしか、GSはニュートラルだったらサイドスタンド出しててもかかったような気がするのだが・・・。

ウインカースイッチは、使いにくい。
左右独立式自体は慣れているし実際使いやすいと思っているのだが、このR1100RSは旧式のスイッチ形状なので、キャンセルスイッチがとても押しづらい。これにはちょっと閉口。
ホーンボタンも、たぶん、とっさには押せないだろうなぁ。まだ使ってないけど。

グリップヒーターの効きは、GSよりも若干弱いような気が。
気のせいか?GSはナックルガードがついているからよけいにあったかく感じるのかな?

左グリップにガタがあって、2ミリくらいカタカタ動く。これはちょっと気持ち悪いので直したい。

発進時、妙な音がするのに気づいた。
たとえていうなら、スタンドを出しっぱなしにしてしまって、発進後にそれが接地して「ガシャン」と戻るような音。
けっこう、大きめの音だ。
コールドスタートでは毎回、エンジンが暖まってからはごくたまに、といったあんばい。
これはなんだろう?
始めは、ほんとにスタンドかと思ったが、そんなわけはない。
セルモーター?いや、そうでもなさそう・・・。
クラッチ?でも滑ってないし・・・。
ちょっと原因不明。正常なのか異常なのかもわからない。
しばらく様子を見てみよう。

エンジン自体はすこぶる快調。
油温が上がるのにずいぶん時間がかかるけど、これはサーモスタットがついてないせい?
GSよりもガサツなフィーリングだけど、パワフルに感じる。車体の軽さも大きいだろうけど。
100km/h巡航くらいでは風も当たらないし、静かだし、もう平和そのもの。
角度を変えられるウインドスクリーンも便利。
メーターの間についているノブを、手でグリグリ回して調整する。
スクリーンを立てた状態と寝かせた状態では、かなり風の当たりかたが変わるので、効果は大きい。
そのスクリーン、ネジで固定してある部分がちょっと割れてるので、そのうち交換しよう。

画像


GSと同様、ギアポジション、油温、それにガソリン残量を表示するデジタルメータ(R.I.D)がついているのだが、GSは左側についていたのにRSでは反対の右側。慣れの問題だけど、違和感が。
それと、この燃料計、満タンにしても目盛りがいっぱいにならない・・・。
センサーが狂ってるのだろう。
まぁ、あまり影響ないけど。

燃費はいまのところ20km/l くらい。GSとほぼ同じ。

パニアケースは、見ためよりはたくさん荷物が入りそう。
オートバイへの脱着はとても簡単だけど、プラスチック製でどことなく頼りない感じ。横に開くのもちょっと使いづらい。
GSのアルミケースに較べると、いまひとつ・・・。
といっても、較べるのもちょっとかわいそうだが。

画像


画像


GSのアルミケースはすばらしい。フタが上に開くので便利だし、四角いカタチなのでモノが入れやすい。
しかも、ケースの上にまで荷物を積むことができる。
おっそろしくジャマだけど(笑)。

細かい不具合や不満もあるけれど、総じて大満足。
もう少し慣れて、近いうちにロングツーリングに出たい。

あったかい間は、クルマの出番はガクンと減りそうだなぁ。