画像


オートバイ用のジャケットを新調した。

いま着ているジャケットがだんだん古くなってきたので、思い切って新調することにしたのだ。

まず、BMWのディーラーで、BMWオリジナルウェアをチェック。
さすがにどれも作りはしっかりしていて、デザインセンスもよい。
しかし、やっぱり値段が高すぎ!上下揃えたら1,000ユーロコースだもの。

ということで、いつものオートバイ用品店に向かう。
日本でいうところの、南海部品のようなところ。店の雰囲気もまさにそっくり。

ドイツのオートバイ人口は、すばらしく多い。
暖かくなると同時に、町にはオートバイがうじゃうじゃ。
年齢層も、老若男女まんべんない。
特に、中年層の夫婦が多いのには驚きである。
オートバイがきちんと「大人の文化」として認められているんだなぁ。

日本とまたちょっと違う印象なのは、みんなきちっとした服装で乗っているということだ。
日本なら、街乗り程度だったらかなりイイカゲンな服装で乗ってしまったりするが、こちらでは、みんなほとんど上下きちんとしたライダー用のジャケットとパンツで身を固めて走っている。
安全に対する意識が高いのかな。「自分の身は自分で守る」ということだろう。

だから、そういったライダースーツの類はなかなか品揃え豊富。
ただ、全体的に、なんか、センスがない、というか、垢抜けないモノが多いような・・・。
デザインセンスに関しては、正直、日本のほうが断然オシャレだと思う。

当然、ウェア以外にもヘルメットやらカスタムパーツやらいろいろ売られているが、中には、漢字をあしらったデザインのモノもあって、なかなか笑える。

漢字はエキゾチックでカッコイイと思われているのかどうか知らないが・・・、

画像


ヘルメットに「勇者」なんて豪快に書いてあったり、

画像


タンクパッドに「活力」とか「稲妻」なんて書いてあるのを見ると、苦笑、である。ぜったい、買いたくない(笑)。

さて、今日買ったものは・・・、

 ・オールシーズンジャケット
 ・グローブ
 ・コルセット
 ・防水バッグ
 ・マップケース
 ・地図(防水仕様)
 ・荷物くくり用のゴムひも
 ・サングラス

思いきっていろいろ買ってしまった・・・。

これでひと通り、ロングツーリングもできる装備が揃ったかな。

というわけで、さっそく明日から一泊ツーリングに出発です。
(月曜も祝日で休みなんだよね。)