画像


この一週間、平日はなにかと忙しくて、オートバイのタイヤはまだ交換できないまま。

すり減ったタイヤで走るのは気持ちよいものではないのだが、やはり晴れ渡った青空を見上げると、どうにも走りたくなる。
オートバイを手に入れてからというもの、ほとんど毎週末乗っている。
2ヶ月ちょっとでほぼ5,000km走った。なかなかのペースだ。
このオートバイのどこかマヌケな顔つきにも慣れた。慣れるとなかなかカワイイものだ。

画像


タイヤが気がかりなので峠道は避けて、今日はまっ平らな地形が続く北のほうへ向かう。
一時間ほどアウトバーンで北上し、Audi社のあるIngolstadtという町を過ぎ、川沿いの町で一般道へ。そこから西へ向かってみる。
おだやかな起伏が延々と続く。信号もまったくといっていいほど、ない。
交通量も少なく、気持ちよく自分のペースで走ることができる。

画像


小さな町をいくつも抜ける。
流れ去る景色を眺めながら、日本の似たような地形の町を思い浮かべてみたりする。

ふと気づいたら、ドイツに来てからちょうど一年が過ぎていた。じつにあっという間だ。
それなのに、いまだにほとんどドイツ語がわからない。勉強してないから当たり前なのだが。
そのおかげでツラい思いをすることもしょっちゅうだ。
やはりドイツ語、勉強すべきなんだよな・・・。

画像


こうして、時間のあるときは自分が好きなことばかりしている。
これはこれで幸せなのだが・・・。
これでいいのか?

画像


せめて、簡単な読み書きと会話くらいはできるようになりたいものだ・・・。

画像


急に、雲行きが怪しくなってきた。
はるか向こうにまっくろな雲が・・・。
予定を変更して、雨が降りだすまえに帰ることに。
なにせ、今日はカッパを持ってきていない。

画像


ミュンヘン手前40kmでついに雨が降り出す。
一服して覚悟を決め、雨の中へ飛び出す。

さっきまでの青空はいったいどこへ・・・。
あっという間に全身はずぶ濡れ。

轟く雷鳴、横殴りの風。
アウトバーンでは、一瞬で隣の車線に吹っ飛ばされそうになる。
普段の「矢のような」直進安定性が嘘のように暴れる車体を押さえつけ、やぶれかぶれな気分で何とか帰り着く。

泥だらけになったオートバイをガレージで磨き上げ、部屋に戻ってみるとバルコニーにはおだやかな日差し。

画像


・・・こんな日もある。