画像


朝、目覚めると、窓の外には気持ちいい景色が広がっていた。

景色は見事に爽快なのだが、昨晩のアルコールがどうも抜けていないようで、ちと頭が重い・・・。
とりあえず、コーヒー片手に、外に出てみる。

画像


いやはや、見事なロケーションだ。

画像


ここの標高は、およそ1,400mほど。

画像


ボケっとしていたら、仕事をおおせつかった。

まきわり、である。

これも久しぶり。最初はおっかなびっくりだったものの、しだいに慣れてきて楽しくなってくる。
朝のいい運動になった。

画像


おつぎは、朝食だ。
こんどは、目玉焼き担当をおおせつかった。光栄だ。
薪オーブンは、火加減がなかなかむずかしい。

画像


この、得体の知れない動物は、いったい・・・。
じつはこれ、Wolperdingerといって、この地方に伝わる架空の動物なのだそうだ。
その地域で獲れる動物たちを組み合わせてひとつの動物に仕立てる(?)のだそうだ。
だから、その地域ごとに形が違う。

画像


さて、後片付けして、荷物をまとめて出発の準備だ。
起きたのが遅かったし、のんびりしていたので、結局、お昼すぎの出発になった。
それにしても、すばらしい山小屋だった。

画像


山小屋から見た眺め、パノラマバージョン。
これからいったん谷に下り、こんどは谷を挟んで反対側に連なる山道をのぼる。
このあと走る、つづら折れの道がよく見える。

画像


この地方のこういった建物は、ほんとうに素敵だ。

画像


細い細いつづら折れをよいしょとのぼり、やっと山の頂上付近へ。
ただいまの標高、約2,000m。
さっきまでいた山小屋が、谷を挟んで正面に小さく見える。
最初、どれだかわからず、友人Aに教えてもらって、やっとのことで確認。
矢印のところに、山小屋はあった。

画像


カメラの望遠を最大にして、山小屋キャッチ!
ちなみに、いま地図で測ったら、ここから山小屋までの直線距離は約6kmだった。

画像


天気がよいせいか、大勢の人たちでにぎわっている。

画像


地上のみならず、空もにぎやか。

画像


気持ちよさそうだけど、相当、勇気がいりそうだ・・・。

画像


山のレストランで遅い昼食。
友人Aは豪快な肉料理をうまいうまいとほおばっていたのだが、僕のほうはちょいと疲れていたので、

画像


オーストリアの有名な(?)ジュースだというAlmdudlerと・・・、

画像


バナナ(笑)。
疲れたときには甘いもの、なのである。

ここでゆっくり休んだあと、またつづら折れで谷へ下りる。
そこからは、アウトバーンで一気にミュンヘンまで。
「甘いもの」のおかげか、疲れも吹き飛び、快調かつ無事に帰宅。

画像


オーストリアのアウトバーンは有料なので、スタンドでステッカーを購入し、こうしてペタッと貼っておかなければならない。10日間有効で、4ユーロちょっと。

友人Aのおかげで、またしてもじつに充実した週末だった。

もうすぐ、駆け足で冬がやってくる。
それまで、思うぞんぶん遊んでおかなければ!

画像