ドイツに来て一週間が過ぎた。

平日昼間は、息つくヒマなく、怒涛のごとく過ぎていく。
猛暑の日本とまるで異なり、こちらは連日パッとしない天気。気温も20℃を下回ったりして、なんだかまったく夏らしくない。
こっちへくる前もバカみたいにずっと忙しかったし、そんなこんなでさすがにちょっとダウン気味。
あやうくカゼなんかひきそうになって、最初の週末は特にどこへも出かけず、ほとんど部屋にひきこもり。
自分でも信じられないくらい眠りまくった週末だった。
う~ん、あまりパッとしない滑り出しだなぁ・・・。

とはいえ、ま、こんなときもあるさ。そうとう、疲れてたんだよ、ホント。
と、自分に言い聞かせてみる。

ところで、今回は三ヶ月という長丁場なので、通常のホテルではなく、アパートに近いような感じのところに滞在している。

画像


こんなふうに、小さなキッチンなんかも備えつけてある。

画像


10F(日本ふうにいうと11F)なので、部屋からの眺めはすこぶるよい。

階下には劇場やカジノ、サウナなんかの施設もあって、なかなか、ニギヤカなところだ。
あまりお世話になる予定はないけど。

建物が大きくて、かつ地下の駐車場から部屋までの道のりがフクザツなので、覚えるまで時間がかかった。
最初の日、思わず建物の中で自分の部屋にたどり着けず、迷子になってしまったほどだ。

しかし、一週間経って、ようやくなんとか生活基盤がセットアップされた気が。
こうして、部屋でネットも使えるようになったし。

さて、そんなこんなで、今日はいっちょ自分の部屋で夕飯でも作ってみっか、と思い、会社帰りにスーパーへ。
今回滞在しているStuttgartは、以前住んでいたMuenchenと違い、意外と遅くまでスーパーが開いている。
よく利用しているところは、なんと夜22時までやっている。すばらしい。
これはなかなか便利ポイント。
パスタやらなにやら、いろいろ買い込んできた。

で、いざ作ろうとして、はじめていろんなものが「ない」ことに気づく。

・タマネギ切る包丁がない・・・。
 → フルーツナイフがあったのでそれでなんとか。

・パスタを茹でる鍋が・・・。
 → 小さな鍋しかないけど、パスタを半分に折って解決。

・ふきこぼれた!でもキッチンペーパーが・・・。
 → トイレットペーパーで対応。

・茹で上がったけど、ザルがない!ミトンもない!
 → ハシでパスタをつまみあげて対応。

・適当な器が・・・。平たい皿しかないよ・・・。
 → 週末に食べた、「一平ちゃん夜店の焼きそば」の空き容器で対応。
    これは捨てないでおいて正解だった!今後も活躍してくれるだろう。

・ベーコン炒めるのに油が・・・。
 → へへん。これは予想してたので、オリーブオイル買っておいたぜ。

とまぁ、ひとりさみしくあわてふためきながらも、バジルソースをからめて、無事においしくいただきました。

画像


なんか、三年まえを思い出すなぁ・・・。

というわけで、まだまだ(再)ドイツ生活は始まったばかり。
これから三ヶ月、マイペースでがんばろうっと。

日本は、暑いとはいえ、夏祭りやら花火大会やら盆踊りやら真っ盛りなんだろうな。
情緒に富んだ日本の夏が、ちょっと恋しい。