画像


にちようび。

Stuttgartの中心部、市役所広場近辺で催されたフリーマーケットへ行ってみた。

ここドイツで、日本の雑貨やアクセサリーを扱うネットショップ、"Soyosoyo"を切り盛りするスゴ腕ビジンのおねぇさまから、
「ウチも出店するんだけどネ、手伝いがてら見にきたら?きっと楽しいよ!」とお声がかかっていたのだ。
これは、行かないわけには行かないではないか。

画像


オシャレでかわいらしい小物がたくさん並ぶ。

画像


自分のお気に入りのモノたちを、こんなふうに直接お客さんたちに買ってもらうって、ステキなことだなぁ。

画像


売るほうも買うほうも、心からたのしんでいるのもすばらしい。

さて、「手伝い」といっても、ドイツ語が話せない僕に、店番など務まるわけがない。
手伝えることといったら、せいぜい後かたづけくらいのものだ。

というわけで、のんびりぶらぶら見てまわることに。

画像


オシャレなフンイキの"Soyosoyo"ブースとは全く異なり、あたり一面見渡すかぎり、「ドイツ庶民生活ガラクタいっさいがっさい出血大放出!」といった勢いの店がずらっと並ぶ。
これはこれで、ものすごく楽しい。

画像


衣類、古本、CD、家庭用品、おもちゃ、店の看板、マネキン、カン、ビン、木彫りの巨大置物、楽器・・・・。
もう、ほんとになんでもアリ。

画像


聞けば、大半は骨董品を扱う業者の出店だそうだけれど、それにしてもよくもまあ、これだけ雑多なモノたちをぶちまけたものだ。

画像


元来「ガラクタ好き」な僕にとっては、もう楽しくてしかたがない。
とはいえ、こっちへ住んでいたころとは違い、飛行機で日本へ持ち帰ることを考えると、ヘタなモノは買えない。
いくら魅力的な巨大木彫りの馬や古いお店の巨大看板なんかを見つけたところで、持ち帰れなければどうしようもないし。
なんて感じで、ほどよくココロにブレーキがかかる。
さもなければ何を買っていたかわからない・・・。

画像


で、結局この日買ったのは、原チャリナンバープレート一枚のみ。
たったの50セントだけど、満足満足。

そんなわけで、骨董品屋のオヤジになった自分を夢想しながらニヤニヤしつつ、店じまいを手伝う日曜日の夕暮れなのであった。