画像


黒い森、Schwarzwaldにある小さな町。

画像


その町、Schrambegに位置する自動車博物館を訪ねてみた。
Autosammlung Steimと、それに隣接するAuto & Uhrenmuseum

画像


前者は、上品かつ瀟洒な雰囲気でずらっと大型車が並ぶ博物館。
後者は、この町に本拠を置くJUNGHANSという時計メーカーの歴史とともに、往時の生活用品や小型車をそれぞれ織り交ぜながら展示しているなかなか見ごたえのある博物館だった。

画像


僕は残念ながら時計には詳しくないので、こうしていま書きながら調べているのだけど、このJUNGHANSは1861年に創業、1903年には世界最大規模の時計メーカーに成長し、この町、Schrambergで3000名以上の従業員を抱えながら年間300万個を生産していたのだそうだ。

画像


クルマを見に行ったつもりが、思いがけずこんなことを知るきっかけにもなって。
だからやっぱり、博物館めぐりはやめられない。

肝心の本題写真は、いつものようにこちらから。