画像


タイムライン。

日本語にすると、「年表、時系列」といった意味合い。

Facebookには、この「タイムライン」という機能(?)がついていて、気の赴くままに、過去の出来事を自由に時系列で並べていける。

ブログもある意味時系列の日記的なものだけど、もっと気軽に簡単にできる感じだろうか。
アルバムを開いて、写真を並べなおして、日付をメモして・・・。そんな作業をPC上でやっているような気分だ。

なんの気なしに、昔の写真を見ながらポコポコと並べ始めてみたら、これが意外に楽しい。

ずいぶんと長い間見ていなかった写真なんかを見つけては、「あ~、こんなこともあったなぁ・・・」と、ちょっとした感慨にふける。

僕がデジカメを使い始めたのは2002年くらいからなので、それ以前の写真は今は残念ながら手元にはない。
だけど、2002年といったら、それでももう10年も昔のことだ。
このブログを書き始めたのも2006年からだから、それ以前の記事はない。

「自分史」などと書くと、なにやらオオゲサだけど、たまにはこうして、少し自分の辿ってきた道を振り返ってみるのも悪くない。

僕は有名人でもなんでもない「タダの一般小市民」だから、将来、自分の伝記を誰かが書いてくれる可能性はゼロだ。
だから、こうしてたまに自分自身で整理して、記録を残しておくのはいいことかもしれない。
自分がどんなふうに生きてきたか、そのときそのとき、何を考えながら生きていたかが、こうして並べてみると自分でよくわかる。気づかなかった傾向や趣向まで、なんとなくつかめてくるのがまたおもしろい。

誰のためにでもない、完全に自分のため、自分の自己満足ための作業。

自分の年表は、2012年のいま、いったいどのあたりまで来ているのだろう。
まだ半分より手前なのか、ちょうど折り返し地点なのか、それとも、じつはすでにすぐそこに終わりが見えているのか・・・?

それは、誰にもわからない。

これからもこのまま、たいしたこともできずに、最後まで自分勝手に生きていくのだろう。

だけど、この年表を終えるときがきたら、自信を持って最後の部分に「これにて終了!満足でした!」と、書き残せる人生でありたい。