画像


一年ほど前・・・。

「ハタラク・クルマ。」と題して、こんな記事を書いた。

あれから一年。

いよいよ日本への帰国も近くなり、我が家の「ハタラク・クルマプロジェクト」も大詰めを迎えつつある今日このごろ。

この一年、ドイツにおける詳細なマーケットリサーチ、および数知れないシミュレーションを重ねながら、同時に日本におけるハタラク・クルマ動向とその最新事情にも目を配りつつ、根気強く丁寧に、しかし大胆な構想と戦略をもって、たった一人、誰にも理解されないまま孤独に進めてきたこのプロジェクト。

いよいよ、その計画を実行に移す時期が近づいてきた。

今後の半生、ずっと苦楽をともにしてもらう予定の、新しい家族。
我々の人生における楽しみをさらに拡げ、日々の暮らしに潤いと豊かさを与え、我々の未来に無限大の可能性を提供してくれるであろう一台。

その一台にふさわしいクルマを、決めた。



画像


ムダを一切省いた、普遍的で、機能的なデザイン。
趣味性のかけらも感じられない、無骨で素っ気ないその出で立ち。

これこそ、我が生涯の伴侶にふさわしい、「ザ・ハタラク・クルマ」。

冒頭のUNIMOGのような貫禄がでるまで、愛着をもって育てよう。


・・・なぁんて、そんなおおげさなハナシではないんだけれども、めちゃくちゃ、たのしみ。