画像


帰国に合わせて我が家に仲間入りした、かわいいかわいいハタラク・クルマ。

画像


ダイハツ・ハイゼット「ジャンボ」、2013年式。
こういった、のどかな日本の田園風景に似合うことこのうえない。

フロントパネルのダイハツエンブレムと「HIJET」のえげつないロゴステッカーは、手に入れて早々に外してしまったので、すっきりした涼しい面構え。

画像


この「ジャンボ」、ふつうの軽トラとはひと味ちがう。
屋根が高いハイルーフで、なおかつキャビンがちょっと長くできているから、そう、室内がものすごく広いのだ。
だから、こうして見ると、そうとうな「アタマでっかち」に見えて、じつにコミカル。

画像


この、縦長のサイドウインドゥのぶんだけ、キャビンが長い。
だから、軽トラのくせにシートがリクライニングできる超高級仕様なのだ。
ま、そのぶん、もちろん荷台長さは短いわけだけど。

リクライニングシートのほかにも、パワーステアリング、パワーウインドゥ、運転席エアバッグ、エアコン、それになんとキーレスエントリーまでついている。さらにETCまでつけたので、我が家の愛車の中で、最も豪華な装備の一台になってしまった。
4WD、5MTで2シーター、ツインカムエンジンという、じつにスポーティなスペックも魅力だ(笑)。

画像


さりげなくEsso girlを貼ってみた。

画像


リアウインドゥにもステッカーをペタッと貼ってみた。いまのところはこれくらいしかやることがない。
いずれ、おもしろステキなカスタマイズを夢見たりしているんだけど、他に優先したいことが山積みだから、当面は、このままなにもイジらずに乗ることだろう。

画像


室内は簡素そのもの。何もかもがものすごく安っぽいけど、それでいいのだ。
僕がキライなのは、ホントは安いクセに、妙な背伸びをして高級「そうに」見せているモノなんだから。
むしろ、まったく飾り気がなくて気持ちがいいくらいだ。

画像


熟考に熟考を重ねたおかげで、期待に違わず、毎日の足としてまったく申し分なくハタラいてくれている。
先週は、山形の実家までの高速クルージングもなんなくこなしてくれたし。

いやぁ、とても気に入ってるし、愛着も湧いている。
夏が終われば、薪運びにも大活躍してくれることだろう。

これからずっと、よろしくたのむよ!