画像


お盆休み後半。

特にどこかへ出かけることもなく、のんびり過ごす。

しばらく洗ってなかったハイゼット号(軽トラ)を洗ってあげる。
荷台マットも(初めて)外して、すみずみまでキレイに。
ちなみにこのゴムマット、非常に重くて意外とタイヘン。

画像


マットを外した荷台は、まだ新車のようにピッカピカ。
といっても、まだ3,000kmほどしか走っていない新車だからあたりまえか・・・。

画像


お次は、玄関前のデッキを塗装。
このまえの外壁塗装に較べたら、こんなのは朝飯前。
といっても、塗装したのは夕方なんだけど。

画像


ジムニーに乗る友人からの「林道行こう林道行こう林道行こう」という激しい勧誘に応じるべく、ガレージのすみっこで長いこと完全に置き物化していたDT号(ヤマハDT125。おそらく1983年式)をひさびさに引っ張りだしてきて、復活を試みた。

もう6、7年はエンジンもかけずにほったらかしにしていたこのDT号。
とりあえずキャブをバラしてみると、案の定、あのイヤ~な臭いのする腐ったガソリンがヘドロ化していて、もちろん、ジェット類はみんな詰まりまくっていた。

暑い中、ちまちまと詰まったジェットを掃除して、組み直す。
燃料チューブも完全硬化していてバキバキになっていたので、これも交換。
その他、チョロチョロと軽く整備してあげると、押しがけ一回であっさりエンジン始動。

画像


近くのコンビニで自賠責保険に加入して、ナンバープレートにステッカーをペタリ。
125ccだから、ピンク色の原付二種ナンバーなんだけど、すっかり色あせてしまっていて、どうみてもタダの50cc(原付一種)のナンバーにしか見えない・・・。

すっかりうれしくなって、ちょっと近所を軽く一回りだけのつもりが、50kmくらい走ってしまった。
いまは絶滅寸前の2ストの甲高い音が、なんだかとても懐かしく、新鮮だ。
たった18psだけど、十分に速い。

6Vの電装ゆえに、灯火類は限りなくあやしいけれど、でもまぁこれでひとまず、林道トレッキングの準備は万全だ!