画像


我が家が本に掲載された。

「現代日本の建築 Vol.5」という、大型本だ。
帯には、「世界へ発信する日本の建築」と、なかなかの言葉が並んでいる。

画像


我が家を設計していただいた建築家、佐藤 大さんの「作品」のひとつとして、我が家が掲載されている。
右頁の写真2枚がそれだ。
たった1ページ、2枚の写真だけだけど、やっぱり、とてもうれしい。

とてもうれしいので、ちょっと豪華な値段だったけれども、記念に一冊買ってみたしだい。

掲載されている写真は、できたてほやほや、引っ越し直前のときに撮られた写真だ。

画像


我が家が竣工したのは、2007年の2月だった。

画像


早いもので、あれからもう7年が過ぎ、雰囲気もずいぶん変わってきた。

画像


砂漠のようだった「空き地」も・・・、

画像


やっと念願かなって、みどりあふれる空間になってきた。

こうして新築当時の写真といまの写真とを較べてみると、我が家は、重ねた年月相応の、いい歳のとりかたをしていると思う。いまのところは、「こうありたい」と漠然と思い描いていた姿にかなり近い。いや、それ以上かもしれない。

なにより自分でうれしいのは、「新築当時よりも、いまのほうが断然いい!」と思えることだ。
「新しい」ことだけが価値あることでは、さびしいことこのうえない。

これからもずっと、「いまがいちばん」と思える家であってほしい。
そして、自分たちも家に負けないよう、いい歳のとりかたをしていきたいと切に願うのだ。