画像


やっと、我が家のリビングルームにソファが加わった。

家を建てて7年、ずっとソファが欲しかった。
だけど、これぞというものに巡り会えなかったので、そのまま暮らしてきた。

今年に入って、やっと、ピン!とくるものを見つけた。
masterwalというブランドの、RITZ SOFA。

シンプル極まりないデザイン、豊かな質感。
ひとめで気に入った。

お店に注文してから待つこと3ヶ月。
ついにきのう、お店の方にわざわざ届けていただいた。

長いこと待っただけに、喜びも満足感もひとしお。

画像


後ろ姿も美しい。
素材はウォールナット。張地はブラックのレザーにした。
使い込んでいくうちに、どんなふうな風合いに変わっていくのか楽しみだ。

画像


製作された年と月が、「masterwal」のロゴとともに焼印されている。

画像


座り心地のよいソファから眺める庭は、またいちだんとよく見える。

冬は冬で、薪ストーブの炎を眺めながらのうたた寝はさぞかし気持ちがいいだろう。
いまから楽しみだ。

独身のころや若かったころとは違って、これからこういった家具を手に入れる場合は、これから生涯ずっと使い続ける「一生もの」になるものだけ、すなわち、自分たちが心から気に入ったもの「だけ」を選ぶつもり。

このところずっと、家にいても庭とガレージにばかりいたけれど、リビングで過ごす時間も増えていきそうだ。