すぎのいえだより

福島県いわき市「すぎのいえ」亭主の徒然草。 Instagram : https://www.instagram.com/kengo2343/

外壁のペンキ塗りも一段落したので、今日は庭の手入れに精を出した。まずは表側から。シンボルツリーであるジューンベリーは、樹形がすばらしくキレイになってきているので大変うれしい。枯れ草や落ち葉を掃除し、肥料を混ぜながら土を足していった。玄関に続く踏み石の周り ...

この週末は、我が家の外壁のペンキ塗り大会を開催した。前回のペンキ塗り大会から約4年ぶりだ。この4年でまただいぶ傷んできた部分が目立ってきたので、寒いけど、風強いけど、あんまり気乗りしないけど、意を決して実施することに。今回はまず東側の1階部分から。ここは軒 ...

先日のメンテナンスでブチ折ってしまったダイレクトイグニッション。ついに今日の午前中、2週間かかってやっと届いた。ちょうどこの土日はとても暖かい陽気。だけど、この部品の到着までは、例の「コロナ禍」の影響で通常よりも時間がかかるだろうことは予想していた。だから ...

ここ数週間ほど、パンダ号のエンジンルームから異音が生じていた。あるときは「キュイーン」と、またあるときは「ギャアーン」といった感じでなかなか騒々しくなったと思ったら突然静かになったり。発生源は、明らかにオルタネータ。整備の記録をたどってみると、前回交換し ...

先日のメンテナンスの続き。旧友Tから同調調整に必要なバキュームゲージを返してもらったので、プラグ交換とバルブクリアランス調整を行なったのち、最後の仕上げである同調調整までやってしまおうと作業を開始。しかし、作業開始からわずか5分。プラグを外すためにプラグキ ...

今年の冬は例年に較べてずいぶん寒い日が多いけれど、きのうは久しぶりに暖かな1日だった。なので、ここぞとばかりにえい坊(妻)とバイクの初乗りを敢行した。といっても、遠くに行くわけでもなく、市内の海沿いを軽く流す散歩程度の初乗りだ。ここは滅多に雪が降らない地 ...

みなさま、あけましておめでとうございました。2021年はよい年になるといいですね。さて、今日はガレージの話。昨年末大掃除していたら久しぶりにガレージのレイアウトを見直してみたくなった。そんなわけで、時間を見つけてはちまちまとレイアウト変更を進めてきたこの年末 ...

先日、ブレーキランプが点灯しにくくなっていることに気づいた。ブレーキペダルを踏んでも、ランプが点かないときがあるようだ。これは、あぶない。さらには、ヘッドランプのロービームも点灯しなくなっていることにも気づいてしまった。電装トラブルのダブルパンチだ。そん ...

忙しい季節もようやく過ぎ、気がつくともうすっかり秋も終わろうとしている。毎年この時期になると、ふだんは毎日こき使って乗りっぱなしのパンダ号をいろいろと手入れしてあげたくなってくる。そんなわけで、ここのところは時間を見つけては細々とパンダ整備に勤しんだ。ま ...

今日は一日、ツーリングでお疲れのGS号の整備にいそしんだ。ついでに(?)、日々の足として相変わらず酷使されているパンダ号のオイル交換も同時進行。あっちをいじってはこっちに戻り、と、ちょっとあわただしくなってしまった。このところ2回のロングツーリングを立て続 ...

前回のツーリングで、八郎潟や男鹿半島への想いが高まったので、その2週間後に再び秋田へと向かうことにした。もちろん、旧友Tも一緒だ。金曜、仕事を終えてからかみのやまへ行き、実家へ一泊。翌日の土曜、5:30に旧友Tと待ち合わせて出発。朝早い時間は涼しいし、どの道も ...

お盆も過ぎた8月21日〜8月23日の3日間、ツーリングに出かけてきた。キャンプ道具を始め、こまごまと準備するひとときは、いつになっても気分が高揚する。前日の夜は、楽しみすぎていつもなかなか寝付けない。まるで遠足前の小学生だ。AM6:00、我が家を出発。今日は一気に田沢 ...

我が家を手がけていただいた建築家さんから、プロモーション用に我が家の動画を撮影したい旨リクエストがあった。新築してからもう13年。もはや新築とは間違っても言えない我が家を、いまになって撮ってもらえるなんて、願ってもない。もちろん!ぜひお願いします!と、(軽 ...

今年の梅雨はほんとうに雨つづきだ。もう、しばらく長い間太陽と青空を見ていないような気がする。そんなわけで、なかなか思い切りバイクに乗ることもできずにいる今年の初夏。雨で乗れないぶん、「いじる」時間は増えるというわけだ。まず、マフラーを替えてみた。僕のGSは2 ...

この週末は、待ちに待った今年初のキャンプツーリングに。前日の夜中まで雨模様で天気予報が気になって仕方がない状況だったものの、奇跡的に土日とも雨の心配はない絶好のツーリング日和になった。朝5:00起床で6:00出発。今回の相棒も例によって旧友T。行先は鳥海山方面なの ...

6月に入り、庭のみどりたちがだいぶにぎやかになってきた。そこで、今日は我が家の庭を作っていただいた庭師さんに剪定していただいた。ここ数年は見よう見まねで自分自身で剪定していたのだけれど、なにせ素人作業、なかなか思うようにきれいな形にするのは難しく、剪定して ...

新型コロナウイルスが猛威を振るっていた4月の終わり。朝、仕事に行こうといつものようにパンダ号に乗り込んで発進した直後、クラッチペダルを踏んだら突然異音がしてギアが入らなくなってしまった。どうも、クラッチが切れなくなってしまったようだ。とっさに頭に浮かんだの ...

パンダ号のサマータイヤを新調した。前回の交換は2016年の1月だったから、4年ぶりの新品タイヤだ。いままではBSのSNEAKER 135/80R13だったが、そろそろ飽きたので違うタイヤにしてみたいなぁ、と、今回はあれこれと散々迷った。できればいままで同様、135サイズで他のものを ...

数少ない僕のパンダカタログコレクション。第2回は、1987年ごろのものと思われるもの。JAXが日本国内への輸入元だった時代のものだ。なかなか豪華な作りのカタログで、前半のFF(1000CL)はイタリア本国で撮影されたものと思われる写真が、後半の4x4の紹介では、日本で撮影 ...

さて、今回の整備促進キャンペーンも終盤だ。今回は、先日焼損が発見されたクーラーのリレー部分の修理。ゴムカバーを切開して取り出してみる。一つの端子がひどく焼け焦げている。分解してみると、普通の4極リレーだった。クーラー部分の配線図がないので、実際に導通させ ...

先日に引き続きパンダいじりいろいろ。1.アイドルエアコントロールバルブ 交換まずは、「ミサイル発射事件」を起こしたアイドルエアコントロールバルブ を新品に交換。新旧比較。メーカーは違うけれど同じもの。四半世紀がんばってくれてありがとう。スロットルボディの横、 ...

今年はパンダ生誕40周年というおめでたい年なので、手元にあるパンダのカタログを紹介してみることにした。(といってもたった数種類だけだけど・・・)第一回めの今回は、ドイツにいた頃に手に入れた古いカタログ。ラインナップからすると、1982年のものと思われる。イタリ ...

最近はせっせとパンダ号の整備に勤しんでいる。20万kmも超えたことだし、これからは従来よりもマメに手入れをしてあげたいと思うようになってきたのだ。ということで、ここ最近の点検・整備内容を備忘録も兼ねつつ記録しておこうと思う。1. オイル交換 (205,000km) クルマ ...

さて今回の一台は、僕が生まれて初めて異国のドイツで運転を体験したクルマだ。 2007年だから、もういまから13年ほどまえの話。そのときのようすは上のリンク先に詳しく記しているけれど、あのときのことはいまだによく覚えている。ミュンヘンの街中を運転するのはとにかく緊 ...

パンダ号の内装関係を少しリフレッシュしてみた。まずは、天井パネル。ずっと見て見ぬフリをしていたのだが、我がパンダ号の天井には茶色いシミが無数にできていてゾッとするほど汚かった。なんとかキレイにならないかなぁ、とずっと思っていたのだけれど、ヤワな段ボールの ...

この週末はパンダ号のちょっとした整備を実施。まずはマフラーの吊ゴムの交換。パンダのマフラーは3ケの吊ゴムで車体にぶらさがっているのだが、そのうちの2つがボロボロになってきている。ヒビ割れだらけでいまにも切れてしまいそう。走っているときにブチッと切れてマフラ ...

思い出のクルマその9は、記念すべき僕の初めての「マイカー」だ。FIAT PANDA CLX (FF/5MT)1996年式。ダブルサンルーフ仕様。23歳のとき、お金もないのに長期ローンを組んで新車で買った。若気のいたりだ。ナンバーはまだ「2ケタ」ナンバーだ。なつかしい。パンダを選んだ理 ...

ミニモーク。すごいカタチだ。僕は、中学まではクルマ「だけ」が大好きだったのだが、高校生のころになると、クルマよりもバイクのほうにどんどん興味が移ってしまっていた。高校を卒業して運転免許をとった頃にはすでにバイクのことしか頭にはなく、クルマへの興味はほとん ...

まるで宇宙からやってきたかのようなバスだった。これまた僕が小学生のころ、1980年代初頭のことだったと思う。ある日、僕がいつものように近くの公園に遊びに行った帰り道のこと。温泉旅館の並ぶ通りを歩いていたら、大きな駐車場に一台の巨大なバスが駐まっていた。僕は、 ...

なんだろうこの愛らしい表情は。マツダの軽トラ、初代ポーターキャブは、小学生の頃たまに両親に連れられて訪れる親戚のおじさんの家にいつも置いてあった。ガチャピンにそっくりな顔つきとボディカラーで、いつもやさしく僕を迎えてくれた。当時、おじさんの家は養鶏をやっ ...

いま見てもいいデザインだなぁ、と思う。ホンダのステップバン。僕が中学生のころ、理科のN先生が乗っていたクルマだ。先生のステップバンは、鮮やかな黄緑色!だった。 地味なクルマが並ぶ中学校の駐車場で、いつもN先生のステップバンは異彩を放っていて、生徒の間でも「 ...

思い出のクルマその4は、シボレーコルベット(C3)。小学生のころ、家から歩いて10分ほどの家に、いつもこのコルベットC3が駐まっていた。通学路ではなかったけれど、よく遊びにいく友達の家のそばだった。記憶では、写真のような鮮やかな赤ではなく、エンジ色のような暗くく ...

思い出のクルマ第3弾は、日産スカイライン(R31)。1985年にデビューした、スカイラインの7代目だ。このとき僕は中学に入ったばかり。 相変わらずクルマが大好きで、授業もロクに聴かずにノートの隅にクルマの絵をいたずら書きする毎日を送っていた。国産車の中ではダント ...

思い出のクルマその2は、ダイハツハイゼットアトレー。僕が中学生のころ、ついに初めて我が家へやってきた自家用車だ。購入時期から類推すると、おそらく1986年式。当時の僕は中学生になり、我が家が「5ナンバーのマトモなクルマ」を手に入れるチャンスは絶望的に低いという ...

やけに唐突だけれども、僕の思い出に残るクルマたちのことを少し書いておこうと思い立った。僕は物心ついた頃からクルマというものが大好きで、幼稚園児だったころには道ゆくクルマたちの車種名をほとんどピタリと言い当てられるようになっていた。といっても、当時はこんな ...

2020年の幕が開けた。いやはや、ほんとうに早いものだ。僕が小学生の頃に考えられていた2020年といったら、クルマからはとっくに車輪が消えていたはずだ。予定では、月旅行もとっくに実現していたような気がする。まぁ、どちらもまだ実現していないけれど、そのいっぽう、当 ...

前回、シート位置の調整を行ったものの、やっぱり座面の高さが少し高すぎた。ということで、再び調整作業を行うことにした。これ以上シートを下げるには、センタートンネルとの干渉をなんとかしなくてはいけない。再びシートを外し、センタートンネルカバーを外してしばし考 ...

10年まえに手に入れて以来、ずっとずっと気になっていたまま放置していた356のシートポジション。痛い、いや、重い腰をあげて、ついに自分で修正してみることにした。いちばん気になっていたポイントは、ステアリングホイールのセンターと、ドライバーシートの左右位置が合っ ...

忙しくてすっかり書くのが遅くなってしまったけれど、約1ヶ月まえの8月終わり、長いこと入院していた我がGS号の復活記念ツーリングを敢行した。前回のツーリングでは北に向かったので、今度は逆方向へ。ということで、ツーリングマップルも中部北陸版を新調した。哀しいかな ...

7月は雨ばかりで太陽が恋しい日々が続いていたけれど、突然、うだるような暑さの日々がやってきた。というわけで、3泊4日のツーリングに行ってきた。相棒は、いつもの旧友T。だけど、今回は僕のバイクが違う。僕の愛車、R1150GSAはとある修理で入院中なので、代車で借りたF85 ...

↑このページのトップヘ